株式会社ジェノバ 株式会社ジェノバ
高精度GNSS補正情報配信サービス

MENU

ご利用事例

その他応用事例

CASE-F06

ネットワーク型RTK-GNSSを利用した小型固定翼UAVでの写真測量

eBee RTK機体とGCPシート

ジオサーフ株式会社さま

近年、無人航空機UAV(Unmanned Aerial Vehicle)の普及に伴い、写真測量用途でも土木工事、森林調査を中心にニーズが増えています。また、精密農業でも規模の大きい圃場でマルチスペクトラムを搭載したUAVでの計測で植生管理する事例も出てきています。そのUAVを使用した写真測量用途では、航続時間や測位精度の課題が存在します。それらを解決するシステムとしてジオサーフは、スイスsenseFly社 eBee RTKを提案しています。

もっと読む

CASE-F05

土量計測におけるネットワーク型RTK活用事例

case_f07_02

株式会社栃木県用地補償コンサルタントさま

当社はネットワーク型RTK(ジェノバ社)を導入してから約2年になります。これまでは3・4級の基準点測量に利用してきましたが、新しい分野への応用として土量計測(通常はトータルステーション及びレベルを使用する作業)への利用を試みました。

もっと読む

CASE-F04

三菱モービルマッピングシステム(MMS)
高精度移動体計測装置による計測事例

case_f06_01

大阪府 豊中市さま

三菱電機が提供する三菱モービルマッピングシステム高精度GPS移動計測装置(MMS)とジェノバのネットワーク型GPSによるFKP後補正データを用いて、3次元地図製作に伴う道路周辺地物の計測を行う。

もっと読む

CASE-F03

ネットワーク型RTK-GPSを利用した海底地層調査での実施例

case_f03_02

復建調査設計株式会社さま

今回の海底地層調査は、HPに掲載された入札情報によると、国土交通省関東地方整備局東京湾口航路事務所が発注元となった湾口航路(中ノ瀬航路)土質分布調査であり、調査場所は、東京湾の中ノ瀬航路の北端部である。この航路および航路の近傍で5箇所の海底地層調査を二日に渡って行うことになっていた。

もっと読む

CASE-F02

無人田植機システムへの
ネットワーク型RTK利用事例

case_f02_01

独立行政法人中央農業総合研究センターさま

正確な田植え作業を行うためには、水田の中で田植機の位置と姿勢を高精度に把握し、 このデータをもとに田植機各部を制御します。この自動走行田植機は位置の計測にネットワーク型RTK GPSを、車体の傾きや進行方向の計測には圧電振動ジャイロと傾斜センサを組み合わせた姿勢計測装置を利用しています。

もっと読む

CASE-F01

ネットワーク型RTK-GPSを利用した
除雪支援システムへの適用

case_f01_01

立山ルート除雪組合さま

雪に覆われて路面の見えない道路(積雪高さは最大20m 程度)を除雪する際に、PASを用いて規定の掘削線に沿って除雪できるか否かの検証を実施。

もっと読む

このページの先頭へ