株式会社ジェノバ 株式会社ジェノバ
高精度GNSS補正情報配信サービス

MENU

ご利用事例

土地家屋調査士業務

CASE-C05

土地家屋調査士業務と
ネットワーク型RTKの融合事例

case_c05_01

大村GPS研究会さま

私たち土地家屋調査士はネットワーク型RTK方式を利用し、土地家屋調査士における測量業務の基準を旧日本測地系や任意座標系から世界測地系へ移行の推進並びに研究を目的に活動しています。
現場では、単点観測法で3セットの観測を行い、較差20mm以内かどうかのチェックして点の成果に利用しています。

もっと読む

CASE-C04

境界確定測量における
ネットワーク型RTK-GPSの適用

case_c04_01

土地家屋調査士 鈴木洋一事務所さま

宮城県も過去大きな地震に何度も見舞われており、土地の境界を世界座標系での公共座標値を用いていれば、万が一、大地震が起き、境界の位置がなくなっても復元測量が容易にできることもあり、また、2005年3月の不動応登記法の改正を機にネットワーク型RTK-GPSに対応したPASを導入する。

もっと読む

CASE-C03

ネットワーク型RTK-GPS登記測量への取組み

case_c03_01-1

熊本県土地家屋調査士会さま

熊本県土地家屋調査士会 は、測量法の改正や不動産登記法の改正に対応する為、いち早くネットワーク型RTK-GPSの検証作業を行い、対応するGPS受信機購入と 同時にジェノバのネットワーク型RTKサービスを契約、更に調査士会会員の共有利用制度を構築、現在116名の会員が使用しています。

もっと読む

CASE-C02

不動産登記17条地図作成作業での
ネットワーク型RTK活用事例

case_c02_01

社団法人 群馬県公共嘱託登記土地家屋調査士協会さま

こちらでは、ネットワーク型RTK方式を活用し、境界確定の業務を行っています。従来方式では、国土調査におけるトラバー点あるいは2級基準点より設置する基準点が必要ですが、ネットワーク型RTK方式では世界測地座標を直接電子基準点から算出しますので、効率がよく高精度の結果を取得できます。

もっと読む

CASE-C01

土地家屋調査士業務における
ネットワーク型RTK活用事例

case_c01_01

有限会社 さくら測量設計事務所さま

登記測量における基準点測量をネットワーク型RTK方式で実施。現場Aは高台で民家も少なく携帯電話の通信状況も良好で、2点、約8分(移動・機械設置込み)で観測作業完了。

もっと読む

このページの先頭へ