トップ > ご契約ユーザー様向け > 衛星飛来予測

衛星飛来予測

衛星飛来予測の見方

最新衛星飛来予測システムでは、観測地域、観測日時および時刻を指定することで、そのときの衛星の配置、測位精度への 影響度を計算します。
ただし、計算には誤差が含まれますので、実際に観測する際に計算結果とは完全に一致しないことがあります。


衛星数

捕捉可能な衛星の数です。ただし、遮蔽物が何もない場合の数ですので、実際に観測する場合は観測地点の環境により変化します。ネットワーク型GPS測位では、5個以上の衛星を捕捉することができれば精度を得ることができます。

PDOP値

PDOPは位置精度低下率と呼ばれ、PDOP=1のとき測位精度が最もよく、PDOPの値が大きくなると測位精度が低下します。

衛星配置図

仰角15度以上に存在する衛星の配置図です。 指定した時刻での位置は□マークで、それ以降の衛星の動きは15分ごとに○マークでプロットされます。 観測現場の環境と照らし合わせて捕捉可能な衛星数の検討にご利用できます。 [地上から見る]ボタンを押すと東西が反転した配置図が表示されます。 この東西反転画像は、地上から上空を見上げたときに見える配置図です。 魚眼レンズを用いて観測現場の上空を撮影した写真と重ね合わせる等のご利用が可能です。

衛星飛来予測の詳しい見方

地域:東京
ご利用年月日:2007年3月1日
時刻: 9:15から6時間
で衛星配置を確認する場合



9:15から10:00頃、10:30から15:15頃が高精度測位可能な時間帯とわかります。


計算には誤差が含まれますので、実際に観測する結果とは完全に一致しないことがあります。


観測地点に遮蔽物がある場合、捕捉可能な衛星数が減少することがあります。