株式会社ジェノバ 株式会社ジェノバ
高精度GNSS補正情報配信サービス

MENU

ネットワーク型GNSSサービス
(JENOBA方式)

お申込みはこちら

ご利用方法

各種データを使用する際の機材や方法について概要をご説明致します。

リアルタイムデータご利用方法

リアルタイムデータは2種類の通信方式に対応しています。それぞれで必要機材や利用方法が異なりますので、お客様のご利用にあったものをお選び下さい。

CPA方式

必要機材

CPA方式によるリアルタイムデータを使用する際に必要な機材構成例をご紹介します。

jenoba_cpa_figure

(1)GNSSアンテナ (2)GNSS受信機と一体になっているタイプもあります。
(2)GNSS受信機 RTK測位の場合は2周波に対応している必要があります。

また、以下の入出力データに対応している必要があります。

  • 出力・・・単独測位のデータ(NMEA-GGAフォーマット)
  • 入力・・・補正データ(RTCMフォーマット)

ファームウェアのバージョンもご確認下さい。

(3)GNSS受信機制御
コントローラ
制御プログラムが対応したバージョンであるかご確認下さい。
(4)通信装置 ジェノバセンターとの通信に使用します。

対応する通信装置は以下の通りです。

  • CPTrans-SL2/A,SX,SX/A
  • ライカジオシステムズ製GFUモジュール
  • トプコン製GR-2100N,GR-3N(GNSS受信機に通信装置が内蔵されています)
  • au通信カードW05K,W04K,W03H

( (2)GNSS受信機と接続する為に、変換ケーブルが必要となる場合があります。 )

ご利用手順

以下の手順でリアルタイムデータを使用したRTK測位またはDGPS測位をご利用いただけます。

  1. 各種機器を接続、電源を入れます。(GNSS受信機は単独測位を開始)
  2. 通信装置の電源を入れます。
  3. CPA網のアクセスポイントで認証確認の上、回線を接続します。
  4. GNSS受信機から通信装置を通じて、単独測位したデータ(GGAデータ)を送信します。
  5. ジェノバセンターから補正データ(RTCMフォーマット)を返信します。

通信経路

jenoba_cpa_figure2

CPA方式では通信経路にKDDIのCPA網を利用します。CPA網は高速・大容量のモバイルデータ通信環境であることから、リアルタイムデータを受信する際に非常に安定した通信が可能になります。

 

 

このページの先頭へ

Ntrip方式

必要機材

Ntrip方式によるリアルタイムデータを使用する際に必要な機材構成例をご紹介します。

jenoba_net_figure

(1)GNSSアンテナ (2)GNSS受信機と一体になっているタイプもあります。
(2)GNSS受信機 RTK測位の場合は2周波に対応している必要があります。

また、以下の入出力データに対応している必要があります。

  • 出力・・・単独測位のデータ(NMEA-GGAフォーマット)
  • 入力・・・補正データ(RTCMフォーマット)

ファームウェアのバージョンもご確認下さい。

(3)GNSS受信機制御
コントローラ
制御プログラムが対応したバージョンであるかご確認下さい。
(4)通信カード等 ジェノバセンターとの通信に使用します。

対応する通信装置は以下の通りです。

  • Wi-Fiテザリングが可能なルーターやスマートフォン
  • Bluetooth対応の携帯電話
  • auやdocomoの通信カード

推奨される機種については受信機購入元までご確認下さい。

対応マウントポイント

Ntripではマウントポイント設定を変更する事で、配信データの内容を選択する事が可能です。

マウントポイント 対応配信データ データ形式
JVR30G 仮想点RTKデータ

GNSS(GPS+GLONASS)

RTCM Ver3
JVR30 仮想点RTKデータ

GPS

RTCM Ver3
JVR23 仮想点RTKデータ

GPS

RTCM Ver2.3
JRR30G 電子基準点RTKデータ

GNSS(GPS+GLONASS)

RTCM Ver3
JRR30 電子基準点RTKデータ

GPS

RTCM Ver3

※通信ポートは2101番をご指定ください。

ご利用手順

以下の手順でリアルタイムデータを使用したRTK測位またはDGPS測位をご利用いただけます。

  1. 各種機器を接続、電源を入れます。(GNSS受信機は単独測位を開始)
  2. ダイヤルアップ等でインターネットへの回線を開きます。
  3. センターにアクセスした際にマウントポイントの選択が必要な場合は、ご契約時の内容をご確認下さい。
  4. GNSS受信機からインターネットを通じて、単独測位したデータ(GGAデータ)を送信します。
  5. ジェノバセンターから補正データ(RTCMフォーマット)を返信します。

通信経路

jenoba_net_figure2

Ntrip方式では通信経路にインターネット回線を利用します。コントローラからダイヤルアップ等でインターネット回線に接続し、Ntripプロトコルを使用してジェノバとデータの送受信をパケット通信で行ないます。

 

 

このページの先頭へ

後処理データご利用方法

観測方法からデータダウンロード方法まで簡単にご説明致します。

仮想点データによる解析

解析利用方法

jenoba_vpst_figure

測位現場でのGNSS観測

後処理解析となる為、測位する現場にてGNSS観測を行ないます。この際、既知点のデータは不要で、新点のみ観測します。また新点に設置する受信機は1周波タイプもご利用可能です。

<測位方法の例>

  • 後処理キネマティック測位
  • 後処理スタティック測位
  • 後処理DGPS測位

arrow_how_l

jenoba_vpst_figure2

事務所での後処理解析

観測後、基線解析ソフトを使用して解析処理を行ないます。ここで、既知点となるデータをジェノバのWebサイトよりダウンロードし入手します。

※仮想点データは観測日より6ヶ月先までダウンロード可能です。6ヶ月を越えたデータは削除しておりますので、必要なデータはお早めにダウンロードを行って下さい。

 

データのダウンロード手順

以下の手順で仮想点データをご利用いただけます。

  1. ジェノバWebサイトの 【会員サイト】 にアクセスします
  2. お客様専用の「ログイン名」「パスワード」を入力して専用Webに入り、メニューから仮想点データを選択します。
  3. 条件入力画面で、以下の項目を入力していただきます。
    • ご希望の座標値(WGS84の経緯度並びに楕円体高)
    • ご希望の日付、時間
    • データ取得間隔(1,2,5,10,15,20,30,60秒から選択)
  4. 周辺のネットワーク型GNSSデータから仮想点データが生成されます。
  5. 生成されたデータ(RINEXフォーマット)をダウンロードします。

このページの先頭へ

電子基準点データによる解析

解析利用方法

jenoba_epst_figure

測位現場でのGNSS観測

後処理解析となる為、測位する現場にてGNSS観測を行ないます。この際、既知点データは電子基準点データを使用する為、新点のみ観測します。

<測位方法の例>

  • 後処理キネマティック測位
  • 後処理スタティック測位
  • 後処理DGPS測位

arrow_how_l

jenoba_vpst_figure2

事務所での後処理解析

観測後、基線解析ソフトを使用して解析処理を行ないます。ここで、既知点となるデータをジェノバのWebサイトよりダウンロードし入手します。

※電子基準点データは観測日より6ヶ月先までダウンロード可能です。6ヶ月を越えたデータは削除しておりますので、必要なデータはお早めにダウンロードを行って下さい。

 

データのダウンロード手順

以下の手順で仮想点データをご利用いただけます。

  1. ジェノバWebサイトの 【会員サイト】 にアクセスします
  2. お客様専用の「ログイン名」「パスワード」を入力して専用Webに入り、メニューから電子基準点データを選択します
  3. 点選択画面で、ご希望の電子基準点を検索していただきます。
  4. 条件入力画面で、以下の項目を入力していただきます。
    • ご希望の日付、時間
    • データ取得間隔(1,2,5,10,15,30秒から選択
  5. 電子基準点データを収集し圧縮するサーバ処理が行なわれます。
  6. 処理されたデータ(RINEXフォーマット)をダウンロードします。

お申込みはこちら

このページの先頭へ