株式会社ジェノバ 株式会社ジェノバ
高精度GNSS補正情報配信サービス

MENU

お客様サポート

お客様サポート

運用情報

2017年09月15日
定期メンテナンスに伴うサービス停止のお知らせ
(2017/09/28-JENOBA,PAS,MMS)
2017年09月04日
【復旧済み】CPA方式接続回線障害のご連絡(JENOBA方式)2017年9月3日 12:58~ 20:17
2017年08月24日
【復旧済み】システム障害のご連絡(PAS方式・MMSの関東エリア)2017年8月24日 11:30 ~ 19:40

運用情報一覧

よくあるご質問

よくあるご質問一覧

お問い合わせ(メール、電話)

入力フォームによるお問い合わせが可能です。

お問い合わせ

会員サイト

後処理データサービスやご利用明細の確認などが可能です。

会員サイト

サポートサービス

J-View(観測支援)

j-view

ボタンをクリックすると別ウインドウで開きます

J-View(観測支援)ページを表示

J-View(観測支援)について

現場観測支援サイト「J-View(ジェイビュー)」は、Webサイトからネットワーク型GNSSサービス(JENOBA方式)を利用した観測状況を事務所PCやお手持ちのスマートフォン等で確認ができるサービスです。
料金プランの年間・定額・従量プランでご契約のお客様は無償でご利用可能です。(※CPA方式の一部通信機種ではご利用いただけない場合があります。詳しくはお問い合わせください。)

動作確認済みインターネット・ブラウザ
  • iPhone : safari・Google Crhome
  • Android : Google Crhome
  • PC : InternetExplorer 10,11・Google Crhome・FireFox・Opera・Edge

衛星飛来予測

j-plan

ボタンをクリックすると別ウインドウで開きます

衛星飛来予測ページを表示

衛星飛来予測の見方

最新衛星飛来予測システムでは、観測地域、観測日時および時刻を指定することで、そのときの衛星の配置、測位精度への影響度を計算します。
ただし、計算には誤差が含まれますので、実際に観測する際に計算結果とは完全に一致しないことがあります。

衛星数

捕捉可能な衛星の数です。ただし、遮蔽物が何もない場合の数ですので、実際に観測する場合は観測地点の環境により変化します。ネットワーク型GNSS測位では、5個以上の衛星を捕捉することができれば精度を得ることができます。

PDOP値

PDOPは位置精度低下率と呼ばれ、PDOP=1のとき測位精度が最もよく、PDOPの値が大きくなると測位精度が低下します。

衛星配置図

仰角15度以上に存在する衛星の配置図です。 指定した時刻での位置は□マークで、それ以降の衛星の動きは15分ごとに○マークでプロットされます。 観測現場の環境と照らし合わせて捕捉可能な衛星数の検討にご利用できます。 [地上から見る]ボタンを押すと東西が反転した配置図が表示されます。 この東西反転画像は、地上から上空を見上げたときに見える配置図です。 魚眼レンズを用いて観測現場の上空を撮影した写真と重ね合わせる等のご利用が可能です。

衛星飛来予測の詳しい見方

vie_cap

地域:和歌山
ご利用年月日:2014年6月2日
時刻: 10:00から6時間
で衛星配置を確認する場合

10:00から12:40頃、13:10から16:00頃が高精度測位可能な時間帯とわかります。

※計算には誤差が含まれますので、実際に観測する結果とは完全に一致しないことがあります。

※観測地点に遮蔽物がある場合、捕捉可能な衛星数が減少することがあります。


このページの先頭へ