株式会社ジェノバ 株式会社ジェノバ
高精度GNSS補正情報配信サービス

MENU

ご利用事例

CASE-A06

道路台帳電子化に伴う基準点設置ネットワーク型RTK活用事例

株式会社 有明測量開発社さま

■ 代表:
藤本祐二
■ 所在地:
熊本県熊本市(本社)
■ URL:
http://ariake-s.co.jp/

作業概要

case_a06_01

道路台帳電子化に伴う基準点設置

道路台帳電子化に伴い基準点設置が必要になった為、平成16年11月にネットワーク型RTK用のGPS受信機を購入、データ配信業者は、営業の方の熱心なデモ・使用料金の安さにうたれジェノバさんと契約しました。
実作業につきましては、事前に精度検証を行い、顧客に提案申し上げ了承を得て開始しました。

    【作業内容】

  • 総延長80kmに新点70点を設置。
    ※ネットワーク型RTKは10エポック以上の観測(単点観測法)

感想

現地観測につきまして、従来のトータルステーションによる地上法では30人日(3人×10日)かかるところが、ネットワーク型RTKの場合は3人日(1人×3日)で終了。作業時間も人手も削減でき大幅なコストダウンとなりました。

現在は以下の作業に利用しています。

  • 基準点の与点探し
  • GPS観測の事前調査
    (電子基準点を含めたスタティック測量に伴う、四等三角点などの精度確認等)
  • 基準点の経年経過の管理 等

各作業とも受信機1台1名で出来るのが大変魅力ですし、本システムに頼ること大であります。

case_a06_02

case_a06_03

▲鉄道用地内にある基準点の経年経過の管理


一般測量に戻る

このページの先頭へ