株式会社ジェノバ 株式会社ジェノバ
高精度GNSS補正情報配信サービス

MENU

ご利用事例

CASE-A10

航空写真測量における標定点設置
ネットワーク型RTK活用事例

株式会社 フジヤマさま

■ 代表:
藤山 義修
■ 所在地:
静岡県浜松市
■ URL:
http://www.con-fujiyama.com/

作業概要

航空写真測量に用いるPOSシステムのボアサイティング及び精度検証を行う為、作業面積25k㎡において、36点の標定点設置にネットワーク型RTK方式を利用しました。

case_a10_01

case_a10_02

観測風景

感想

航空写真測量は、写真標定のための標定点が必要となり、また、その作業範囲は広域であり、かつ公共座標による3~4基準点精度の測量となります。
今回の作業範囲は、平地で上空視界及び携帯電話の受信状態も良くネットワーク型RTK方式で測量するには、良い条件の範囲でした。観測における初期化時間(Fix)も早く、また、全て作業規程の制限を満たす結果が得られました。

作業効率においても、従来の測量では、GPSによるスタティック測量又はトータルステーションを用い、国家三角点、公共基準点よりの視通を確保しながら標定点の設置を行いますが、ネットワーク型RTK方式の測量では1台の機器で観測可能であり、観測時間が短く視通を考慮しなくてよく、作業員の縮減、工期の短縮が可能となりました。今回、スタティック測量やトータルステーションと比べて半分以下の工数で作業を進めることができました。

case_a10_04

基準点網図

今後、標定点の設置が単点観測法で(公共測量作業規程)対応できれば、国家三角点、公共基準点への土地の立ち入り許可や、場合により伐採等の作業が不要となり、益々、作業員の縮減、工期の短縮につながると思います。

case_a10_03

観測風景


一般測量に戻る

このページの先頭へ