株式会社ジェノバ 株式会社ジェノバ
高精度GNSS補正情報配信サービス

MENU

ご利用事例

CASE-A14

河川測量・平板測量(基準点)に伴う
ネットワーク型RTK活用事例

九州中央測量有限会社さま

■ 代表:
馬場 哲夫
■ 所在地:
熊本県熊本市
■ URL:
http://tyuuou.co.jp/index.htm

作業概要

case_a14_01

case_a14_02

当社は河川測量において、ネットワーク型RTK測量により距離標(一級河川に200mごとに設置してある各断面の地上基準点)を設置、船上に積載している移動局とのRTK測量で深浅測量を行っています。
従来は光波測距儀により船の位置を追跡測定していましたが、この方法による作業効率と精度は比較にならないほどアップされました。また、船の位置は測深機を搭載しているのでリアルタイムで座標と深浅成果が記録され、これにより精度の高い等深線図・深浅図を作成しています。

case_a14_05

等深線図

case_a14_03

case_a14_04

また、他の測量作業においてもネットワーク型RTKによる基準点設置観測を行い、平板測量や用地境界点の復元などの基準として利用しています。
特に地籍調査が済んでいる地区で境界点の復元などは、地籍調査時の図根点などを探すのは大変な労力と時間を費やしていました。
また、多くの図根点そのものが亡失などでほとんど見当たらなく、その場合、三角点から基準点を設置していましたから、これにネットワーク型RTK観測を利用すれば10分ぐらいの作業で終わる為、比較にならない程大幅な時間節約になっています。

感想

データの配信事業者が数社あるようですが、ジェノバのシステムが最も精度的にも優れているとデータを検証された関係者などから聞き及んだ結果、このようにネットワーク型RTK導入のメリットは計り知れないくらいの効果があるものと確信することができました。


一般測量に戻る

このページの先頭へ