株式会社ジェノバ 株式会社ジェノバ
高精度GNSS補正情報配信サービス

MENU

ご利用事例

CASE-A16

千歳川堤防における
FKP-GPS測量と超音波レベル計による
移動体連続標高計測への適用

株式会社シン技術コンサルさま

■ 所在地:
北海道札幌市
■ URL:
http://www.shin-eng.co.jp

概要

case_a16_01

車両装置と車内端末

現場は江別市と千歳・恵庭市を流れる1級河川千歳川の7.0k から12.0k。軟弱地盤に建設された堤防の施工基準面の保持状況を把握する為に、移動体による連続標高計測、直接水準測量との比較検証を実施する。
車輌には高精度GPS受信機と空中レベル計を搭載、FKP方式により1 秒毎の座標値と間接標高値を得る。

case_a16_02

観測風景

直接水準との比較は、レベル計センサーが当たる箇所を直接標高観測し、右岸・左岸の3km 区間で77点の同一ポイントで比較計測する。

結果

直接水準(KP基準)との比較では、5cm 未満68.8%、10cm 未満97.4%。砂利面を考慮すると約3cm 前後の結果が得られた。
また、位置的な評価は、既設基準点成果との比較により、最大でΔX0.022mΔY0.013m ΔH0.022、標準偏差ではΔX 0.010m ΔY0.007mΔH0.010m の結果が得られた。

従来の縦断測量では200m 毎の成果が直線的な表示に対して、FKP 連続計測は1秒データを使用する為、詳細な地形の変化も表現できると考えられる。

case_a16_03

これにより、○印の箇所が地盤低下箇所と確認された。

※PAS方式による配信サービスは2018年10月31日で終了致しました。

一般測量に戻る

このページの先頭へ