株式会社ジェノバ 株式会社ジェノバ
高精度GNSS補正情報配信サービス

MENU

ご利用事例

CASE-C04

境界確定測量における
ネットワーク型RTK-GPSの適用

土地家屋調査士 鈴木洋一事務所さま

■ 所在地:
宮城県仙台市

【導入経緯】

case_c04_01

GPS 測量については、阪神淡路大震災後の関西で普及したこともあり、以前から関西知人の意見を参考にして仲間と勉強会を立ち上げていた。宮城県も過去大きな地震に何度も見舞われており、土地の境界を世界座標系での公共座標値を用いていれば、万が一、大地震が起き、境界の位置がなくなっても復元測量が容易にできることもあり、また、05 年3 月の不動応登記法の改正を機にネットワーク型RTK-GPSに対応したPASを導入する。

FKP 方式を採用したのは、観測した座標値のばらつきが極めて少なく、誤差が緯度・経度方向に1cm~2cm以内に収まり高精度であったため。
また、従来のスタティック測量に比べ、GPS1 台、調査員1 名で観測可能であり、今まで1 点の観測に1 時間要したものが、数分で済み、作業効率も上がり、導入のメリットは大きい。

case_c04_02

現場風景

case_c04_03

土地境界確定図画面

※PAS方式による配信サービスは2018年10月31日で終了致しました。

土地家屋調査士業務に戻る

このページの先頭へ