株式会社ジェノバ 株式会社ジェノバ
高精度GNSS補正情報配信サービス

MENU

技術情報

従来の測位方式との違い

GNSSによるこれまでの測位方式

測位とは文字通り位置を測ることを意味し、GNSSを用いた測位の方式には大きく分けて以下の2通りに分けることができます。

【単独測位】

cp1_img1

登山やレジャー等の汎用向けに利用されているGNSS受信機は単独測位という測位方式をとっています。 この方式は1台のGNSS受信機を位置を調べたい場所である未知点に置くだけで位置情報を得ることができます。 しかし様々な誤差要因から精度は10m~50m程度のものになってしまいます。

【相対測位】

cp1_img2

測量等の精度を要求される場合、相対測位という測位方式が利用されます。 この方式では調べる位置である未知点と、既に位置として座標の分かっている既知点の2ヶ所に1台づつ受信機を置き同時に同じ衛星からのデータを受信します。 これにより電離層や大気圏における伝搬遅延といった受信機単位で発生する誤差要因を打ち消し合うことができ、高精度な位置情報を取得することができます。 ですが受信機が複数台必要であったり、受信機の距離が離れるほど受信機間の誤差要因が変化して精度が劣化するといった問題がある為、使用にはある程度の技術を要します。

ネットワーク型測位方式との違い

上記のような単独測位と相対測位のそれぞれにおける問題を解決する方式として開発された技術がネットワーク型測位システムです。このシステムを利用することで1台の受信機で最大1cmの精度を実現します。

弊社では日本国内でネットワーク型測位を24時間使用可能にする為の施設を設けサービスを行なっております。


このページの先頭へ