株式会社ジェノバ 株式会社ジェノバ
高精度GNSS補正情報配信サービス

MENU

技術情報

ネットワーク型測位の仕組み

ネットワーク型配信サービスのインフラ

ers_map

電子基準点配点図

国土地理院では、全国に配置する約1,300点の電子基準点網(GEONET)を運用し、地震や火山活動による地殻変動の監視を行うとともに、電子基準点のリアルタイムデータを民間に開放しています。
ジェノバは、国土地理院が開放する電子基準点リアルタイムデータの配信機関である日本測量協会を通じてジェノバセンターで受信し、24時間365日解析を行い、お客様へ測位補正データの配信サービスを行っています。

ネットワーク型測位のデータの流れ

data_flow

no1 24時間連続で誤差要因の状況を監視
ジェノバセンターでは、国土地理院が数十km単位で配置している電子基準点のリアルタイム観測データを24時間連続受信し、解析をしています。 これにより電子基準点で囲まれるエリア上空の電離層、対流圏の状態や衛星の軌道に関する情報を掌握しています。
no2 測量する場所の概略位置をジェノバセンターへ送信
利用者は測量する場所で概略位置(単独測位等による)を携帯電話等の通信手段によりジェノバセンターに送信します。
no3 仮想点・面補正を使った相対測位の補正情報等を配信
ジェノバセンターでは、解析した電離層などの情報に基づき利用者から送信された概略位置により補正情報等を計算し、利用者に配信します。
no4 補正情報で高精度の位置情報を取得
利用者はジェノバセンターから送られてくる情報により、高精度な測位が行なえます。

このページの先頭へ