株式会社ジェノバ 株式会社ジェノバ
高精度GNSS補正情報配信サービス

MENU

技術情報

測量分野でのネットワーク型GNSS測位のメリット

ネットワーク型GNSSの「RTKデータ」と「後処理データ」を測量で使用した場合のメリットをそれぞれご説明します。

ネットワーク型RTKデータサービス

特長1. 固定点の設置・管理不要
従来のRTK-GNSS測量では、固定点の選定や踏査が必要になり、その維持管理にも大きな労力を費やしましたが、ネットワーク型RTK-GNSSの場合、電子基準点をベースとした補正情報等を利用しますので基準局に関する作業が全て不要になります。

特長2. 1人1台の観測を実現
ネットワーク型RTK-GNSSは移動局のみの観測になる為、1人1台の観測が可能になり、大幅なコスト削減が図れます。当日の現場状況によって作業スケジュールを変更する等、ネットワーク型RTK-GNSSならではの、自由な段取りで真の効率化を実現します。

50%以上の大幅コストダウンを実現!
人員2人、受信機2 台が1人、1台の作業環境に!
g02001_01
主な用途
  • 基準点測量
  • 地形測量
  • 路線/縦横断・河川/深浅・用地/境界
  • 基礎測量/一筆地測量
  • 杭打ち
  • 航空測量
g02001_02

g_pointネットワーク型RTKの測位結果
JENOBA方式で配信される仮想点補正データは、常に最寄りの電子基準点3点の成果に合致します。これにより、新点上で10エポック観測(単点観測)のみであっても電子基準点3点を利用した網平均計算結果と同等の観測結果となります。

ネットワーク型後処理データサービス(仮想点データ)

特長1. 基準点の設置・観測が不要
仮想点データの利用により基準点の踏査や観測作業が不要となります。作業量が大幅に削減、作業効率のアップに繋がります。

特長2. 1周波受信機も利用可能
新点の観測には1周波の受信機も使用できますので、保有機材を有効に活用いただけます。

特長3. ネットワーク型RTK-GNSS測量の補完
携帯電話の通信圏外地域等、ネットワーク型RTK-GNSSが不向きな場所では、その補完に仮想点データによる後処理測位が有効です。短縮スタティックや後処理キネマティックによる解析処理で十分な精度が確保できます。

50%以上の大幅作業効率UP!
後処理データサービスの利用で既知点の観測が不要に!
g02001_03
主な用途
  • 基準点測量
  • 地形測量・標定点測量
  • 路線/縦横断・河川/深浅・用地/境界
  • 基礎測量/一筆地測量
  • 杭打ち
  • 航空測量・GNSS/IMU・POS/LV
  • 地すべり監視等
    国土地理院への申請手続き
    (17条申請等)により
    公共測量での利用も可能です。
g02001_04

g_point仮想点データの測位結果
JENOBA 方式で生成される任意に指定した仮想点位置の仮想点データは最寄りの電子基準点3点の成果に合致しますので仮想点1点からの単基線解析でも、電子基準点3点による網平均計算結果と同等の観測結果となります。また、データ取得間隔1秒より選択できるため、短時間観測の短縮スタティックや後処理キネマティックの与点データとしてもご利用いただけます。

目次:一般測量利用

  • 測量分野でのネットワーク型GNSSのメリット

このページの先頭へ