株式会社ジェノバ 株式会社ジェノバ
高精度GNSS補正情報配信サービス

MENU

ネットワーク型GNSSサービス
(JENOBA方式)

お申込みはこちら

サービスの特長

ネットワーク型GNSSサービス(JENOBA方式)とはどのようなサービスであるか概要をご説明します。
より詳しい情報をお求めの方は「技術情報」もご参照下さい。

ネットワーク型GNSSサービスとは

お客様の測位精度をアシストする補正データサービスです。

feature_about2

GNSS衛星測位に対して、ネットワーク型の補正データ(仮想点方式)配信でアシスト致します。

RTK用配信では、1台の受信機でセンチメートル精度を実現します。

精度向上
単独測位と比較して通常の1台の受信機で行なう測位方式 = 単独測位では、実現できない精度で測位が可能です。
測位コストの低減
干渉測位、静止測位と比較してまた、複数台の受信機で行う測位方式 = 干渉測位、静止測位と同クラスの精度が出ることから、測位における受信機数や手間、人件費等を低減できます。

従来の測位方式との違いについて詳しくご紹介します。 テクニカルガイド

JENOBA方式の配信技術

全国1200ヶ所の電子基準点ネットワークを活用

feature_tech1

国土地理院によって全国に設置された約1,200点の電子基準点網(GEONET)は、地震や火山活動による地殻変動の監視を行うとともに、リアルタイム観測データを民間に開放しています。ジェノバではこのリアルタイムデータを収集・解析することで、お客様のGNSS測位に適した補正データを配信しています。

 

ネットワーク型測位の仕組みについて詳しくご紹介します。 テクニカルガイド

仮想点方式による解析・配信処理

feature_tech2

電子基準点データの解析・配信処理には、ネットワーク型GNSSとして世界的に使用されている仮想点方式を採用しています。

お客様のご利用用途に応じてご選択下さい。

 

仮想点方式について詳しくご紹介します。 テクニカルガイド

地殻変動による変動量を補正

feature_tech3

世界的なネットワーク型も、日本では特に影響のある地殻変動を補正処理で考慮する必要がありました。その為、ジェノバでは、電子基準点データがリアルタイムに取得できることに着眼し、GNSS測量・測位による結果をお客様の近傍にある電子基準点の成果値に整合するような補正情報配信を行う技術を特許取得致しました。

 

日本の地殻変動を考慮した特許技術について詳しくご紹介します。 テクニカルガイド

業種別ソリューション

測量業務

feature_solution1

ネットワーク型GNSSサービスを利用する「ネットワーク型RTK法」は、平成20年3月31日に国土地理院によって公開された「公共測量作業規程準則」の改正版において、公共測量業務の全般的な利用が可能となりました。

また、ジェノバではWebサイトの会員ページにおいて、GNSS観測計画に役立つ各種情報をご提供することでお客様のGNSS測量をサポートしております。

 

測量業務への利用について詳しくご紹介します。 テクニカルガイド

土地登記業務

feature_solution2

平成19年11月26日、日本土地家屋調査士会連合会長より各土地家屋調査士会長に向け「地積測量図におけるネットワーク型RTK-GPS測量について」という通知が出されました。本通知にて世界測地系に基づく座標値を得る為の測量方法としてネットワーク型GNSSサービスをご推奨いただいております。

土木建設業務

feature_solution3

平成17年に鹿島建設社より発表された「振動ローラによる締め固めシステムにおけるネットワーク型GNSSサービスの利用」を初めとして、「情報化施工」の分野においても本サービスが導入されています。

移動体・その他

feature_solution4

平成17年4月28日に中央農業総合研究センターにて実演された無人田植機を初めとして、各種移動体へのネットワーク型GNSSサービスの配信を行なっております。

サービスエリア

全国をカバーするサービスエリア

  • 水色枠で囲まれた北海道、本州、四国、九州、沖縄周辺がサービス対象となります。
  • 沿岸部については、電子基準点ネットワークの外になる約10kmまで利用可能です。
  • 電子基準点RTK」の場合は使用する電子基準点から約10kmの範囲を目安にご利用下さい。
  • 公共測量で利用する場合の範囲は、作業規程の準則(公共測量作業規程)に準じてください。
  • より詳細なエリアマップはご契約後、「会員サイト」にて閲覧いただくことができます。

map


お申込みはこちら

このページの先頭へ