スマート農業

GNSS高精度測位でスマート農業を支援

Solution

課題解決

高精度かつ安定した位置情報で、農作業の自動化・無人化により業務効率を向上させるICT農機の運用を支援します

国内における農業の現場では、依然として人手に頼る作業や熟練度が必要な作業が多く、省力化、人手の確保、負担の軽減が重要な課題となっています。

そこで、日本の農業技術にICT技術(スマート農業)を活用することにより、農作業における省力・軽労化を更に進められることが出来るとともに、新規就農者の確保や栽培技術力の継承等が期待されています。

ネットワーク型RTK-GNSS利用の具体的な事例について紹介します

  • GNSSガイダンスシステム
    GNSSガイダンスシステムは、トラクタにGNSS受信機と表示用ディスプレイを搭載し、農作業機械の作業幅に合わせて作業経路を誘導するシステムです。GNSSアンテナはトラクタのキャビン上に搭載され、表示用コンソールはキャビン内の見やすい場所に設置します。ユーザはコンソールに表示された設定ラインからの離れ量を見ながらハンドル操作を行い、作業した場所が色塗りされていることから、どの部分を作業したかが明確に判るようになります。
  • GNSS自動操舵システム
    上記ガイダンスシステムでは、表示機を見ながらオペレータがハンドルを操作となりますが、自動操舵システムは、設定したラインからの離れ量を計算し、その差分を戻すようにハンドルを自動で制御させるシステムです。オペレータはハンドル操作に集中することなく、牽引している作業機械のコントロールに集中することができます。
  • ドローンによる農薬散布、育成管理
    ドローンの自動航行技術を活用して農薬を散布や、センシング技術によって農作物の育成管理を行なっています。

このような用途でもご活用いただけます。

  • 均平作業

ジェノバは高精度GNSS補正情報配信サービスにより、スマート農業を支援し、社会課題解決に貢献いたします

ICT・ロボット技術の導入は、農作業の軽減や効率化の他、農作物の品質向上にも必要な技術です。農機メーカーからIT企業までと市場参加者は増加傾向にあります。農林水産省もスマート農業の普及に向けプロジェクトを開始しており、農業のICT化を推進しています。

こうしたことから、国内でも今後、スマート農業が進むことが予想されており、その中で当社はGNSS高精度位置情報配信サービスを通じて支援をしてまいります。

Contact

お問い合わせ