サービス・活用分野

高精度GNSS配信サービスの特長と活用分野をご紹介します。

サービスの特長

位置を求めるにあたって、現在ではGPSをはじめとしたGNSS(Global Navigation Satellite System)衛星を使って測位することが最近では身近な存在になってきました。しかし、衛星から(単独測位)の情報だけではメートル級の誤差が生じてしまいます。その誤差を補正するためにジェノバの配信データサービスを利用することで、センチメートル級の高精度な位置情報を求めることができます。

位置の補正方法としては、リアルタイムに補正を行うネットワーク型RTK方式と、後処理方式があります。当社のネットワーク型RTK方式においては、基準局に物理的な施設や設備を使用しない、仮想点を使用している点が特長です。具体的な補正方法については、動画をご覧ください。

業界最高精度の測位方式

高精度測位を実現する補正の考え方、ジェノバの仮想点方式についてご説明いたします。

サービスの特長を詳しく見る

ジェノバの配信サービスの特長を7つご紹介します。

特長 1 国土地理院の電子基準点全点を活用

当社サービスは国土地理院によって全国に設置された約1,300点の電子基準点網(GEONET)を活用しており、高精度で安定した補正データを提供します。

特長 2 仮想点方式による配信処理

位置誤差を補正するあたり基準となる点が必要になりますが、当社は仮想点方式を採用しており、物理的な基準局の施設や設備が不要となり、設置コストだけでなく、管理コストも不要となります。

また、風雨などの影響も受けません。

特長 3 補正結果は国家座標に整合(特許第5832050号)

補正にあたり、日本では特に地殻変動について考慮する必要があり、当社独自の特許技術により近傍の電子基準点成果に整合した補正情報を配信しています。

特長 4 用途に応じた配信サービス

ご利用の用途に合わせて以下のような配信を選択することができます。

リアルタイム配信
  • 仮想点RTK
  • 電子基準点RTK
後処理配信データ
  • 仮想点後処理データ
  • 電子基準点後処理データ
特長 5 電子基準点で対応しているすべての衛星システムに対応

米国のGPSをはじめ、ロシアのGLONASS、日本のQZS(みちびき)、EUのGalileoに対応しています。

特長 6 観測支援ツールの提供

スマートフォンアプリ・Webアプリの「J-View別ウィンドウで開きます」や、衛星飛来予測ツール別ウィンドウで開きますなど、観測支援ツールを提供しています。

特長 7 補正情報の品質チェック、配信システムの冗長化

電子基準点データを24時間365日監視や補正データの品質チェック、配信システムの冗長化など、安定して品質の高いサービスを提供しています。

活用分野

高精度測位情報配信サービスは、様々な分野でご活用いただけます。

Contact

お問い合わせ