リアルタイムデータ配信

観測者はネットワーク通信を介して、観測者側で単独測位した観測結果である位置情報を送信し、送信した位置に対する補正データを受信、観測者側の機器で解析(基線解析)することで、リアルタイムに高精度測位することができます。

補正データを作成するにあたり、一般的にはローカルな基準局(既知点・基準点)が必要ですが、当社サービスは国土地理院が日々管理している電子基準点情報を基に作成するため不要となります。

「仮想点方式」「電子基準点方式」いずれも利用することが可能です。

この方式の違いは、補正データとして使用する基準局が、任意の位置に仮想的に生成された仮想点か、国土地理院の電子基準点かの違いで、用途によって使い分けができます。

特長
  • 観測時に補正された位置を求めることができ、その場で測位結果を確認したり、位置修正など後作業が減少するため、少ないリソースで高精度な位置を求めることができます
  • ネットワーク通信環境があれば、国内のどこでも利用可能です(但し、電子基準点のある範囲)
  • ローカルな基準局情報が不要のため、基準局の設置や管理が不要で、安定的に測位することができます
  • 仮想点方式、電子基準点方式のいずれも利用可能です
  • 測位結果は、測量法に定める測地成果(国家座標)に整合します
用途
  • 測量業務全般(公共測量、測量法に基づく測量にも対応)
  • リアルタイムに位置を取得し、機器等の位置確認や制御するもの(遠隔操作、機体管理、自動運転等)
リアルタイムデータ配信の仕組みの図

仮想点方式

仮想点方式は観測位置の近傍に仮想的に基準局を生成し、仮想点からの基線解析を行うことで、高精度な位置情報を求めることができます。

仮想点は、国土地理院の電子基準点成果と高精度な現在座標をもとに誤差要因を補正した理想空間における仮想観測データと仮想点位置の地殻変動による推定計算を行ったものであるためバラツキが少なく、国家座標に整合した高精度測位が可能になります。

特長

  • 当社特許技術である地殻変動補正により、業界最高精度の測位が可能
  • 近傍の電子基準点が停止中でも、その他の電子基準点を使用した補正情報を生成可能なため利用可能
  • ハンドオーバー機能(仮想点から10km離れた場合、仮想点を近傍に再作成します)

仕組み

  1. 1.
    利用者が観測した単独測位(衛星のみで取得した概算位置)をジェノバセンターに発信します(NMEA GGAフォーマット)
  2. 2.
    ジェノバセンターは衛星から発信され電子基準点が受信する測位衛星信号と高精度な位置を使用して、利用者の近傍に受信機が出力した概略位置の仮想観測情報(仮想位置と観測情報)を作成します。(仮想点)
  3. 3.
    ジェノバセンターから補正情報を利用者の受信機に発信します(RTCM形式)
  4. 4.
    受信機は補正情報を入力、解析し、測量位置の正確な位置(国家座標又は測量法に基づく座標)を求めます
仮想点方式の仕組みの図

仕様

  • 具体的な使用方法はこちらを参照ください
対応GNSS GPS、GLONASS、Gallileo、QZSS
JENOBAへの送信データ形式 NMEA-GGAフォーマット
JENOBAからの配信データ RTCMフォーマット
  • Ver3.2 MSM5(GPS、GLONASS、Gallileo、QZSS)
  • Ver3(GPS、GLONASS)
  • Ver2.3(GPS)
通信方法
Ntrip方式
スマートフォンなどの通信機器でインターネット回線を使用して通信を行います。
CPA方式
専用通信機器でKDDI社の閉域網を使用して通信を行います。
対応機器
RTK測位が可能な2周波対応受信機
受送信データのフォーマットに要対応

電子基準点方式

電子基準点方式は、観測地点の最寄りの国土地理院の電子基準点の実観測データを使った補正データを受信機に配信し、観測機器側で解析(基線解析)することで、高精度な位置情報を求めることができます。

利用する電子基準点は観測開始時に取得し、観測終了するまで利用します。使用した電子基準点は、当社観測支援ツールJ-Viewで確認することができます。

特長

  • 観測場所近辺に電子基準点がある場合、高い精度で測位できます(10km以内の範囲を推奨)
  • 特に島しょ部での観測で活用されています

仕組み

  1. 1.
    利用者が観測した単独測位(衛星のみで取得した概算位置)をジェノバセンターに発信します(NMEA GGAフォーマット)
  2. 2.
    当社はリアルタイムの電子基準点情報を保持しており、概略位置に近い電子基準点1点のRTKデータを利用者に配信します。(RTCM形式)
  3. 3.
    受信機は電子基準点情報を解析し、測量位置の正確な位置を求めます
電子基準点方式の仕組みの図

仕様

  • 具体的な使用方法はこちらを参照ください
対応GNSS GPS、GLONASS、Gallileo、QZSS
JENOBAへの送信データ形式 NMEA-GGAフォーマット
JENOBAからの配信データ RTCMフォーマット
  • Ver3.2 MSM5(GPS、GLONASS、Gallileo、QZSS)
  • Ver3(GPS、GLONASS)
通信方法
Ntrip方式
スマートフォンなどの通信機器でインターネット回線を使用して通信を行います。
CPA方式
専用通信機器でKDDI社の閉域網を使用して通信を行います。
対応機器
RTK測位が可能な2周波対応受信機
受送信データのフォーマットに要対応

Contact

お問い合わせ