測量・土地家屋調査

国家座標に準拠したデータで測量業務を支援

Solution

課題解決

国家座標に準拠するGNSS補正情報サービスによる信頼性と安定性を提供します

測量分野における衛星測位において、GPS測量から始まり、近年ではGLONASS、GALILEO、準天頂衛星など、数多くの衛星が使用可能となっています。公共測量作業マニュアルにおいても、マルチGNSS測量の利用ができるようになりました。

マルチGNSS化により、ネットワーク型RTK-GNSS測位の使用用途が広がっています。

各用途におけるネットワーク型RTK活用方法をいくつかご紹介します

  • 測量業務
    道路や建物を建てる前など、位置情報を計測するため測量業務を行いますが、ネットワーク型RTKが多くの場面で利用されています。
    例えば公共測量である基準点測量において、STATICによる基準点測量にネットワーク型RTKを使用した基準点測量が行われております。従来のSTATIC測量では複数台の受信機を使用し、コストも人も掛かっていましたがネットワーク型RTKでは、一台で作業が可能となり、公共測量や公共工事の効率向上に貢献しています。
  • 土地家屋調査
    不動産登記時に行われる筆界(土地の範囲、区画)の特定に係る測量作業において、ネットワーク型RTKの利用が進んでいます。
    旧座標値(日本測地系)で登記された図面においても、ヘルマート変換を使用した座標変換より、旧座標値でも復元可能にしました。
    また、地籍測量においても単点観測法が承認され、直接的に筆界を測ることが一部可能となり、効率化が図られています。
  • 位置出し・土量計算
    工事は設計図に従って行われますが、設計図に記載されている位置を現場に目印をつける必要があります。従来は設計図に記載のある基準点からの距離や角度から、測量作業を行って位置を割り出していましたが、ネットワークRTKを利用することによって、直接位置を指定することができることから、作業の大幅な軽減をすることができました。
    また、土量の体積を計算する土量計算なども、ネットワークRTKで平面位置、高さを素早く観測でき、ソフトウェア解析もできるようになったことから、大幅な時間短縮につながっています。

ジェノバではさまざまな用途の測量業務を配信サービスを通じてサポートし、業務効率化を支援いたします

いずれの作業においても、ネットワーク型RTKデータ配信サービスを利用することで、用途にあった高精度な位置情報を観測でき、基準局の設置をはじめ多くの作業が減ることで、高い効率化が実現できます。

Contact

お問い合わせ