株式会社ジェノバ 株式会社ジェノバ
高精度GNSS補正情報配信サービス

MENU

お客様サポート

サービスについてのご質問

Q1.ネットワーク型GNSSを使用するメリットは何ですか?

A1. メリットは以下の通りとなります。

  • 仮想点RTKデータ並びに面補正RTKデータでは、使用した電子基準点座標に適合した標準偏差水平1cm、垂直2cmレベルの精度を1台の受信機で測位できる点にあります。従来のRTKで必要であった固定局を探すといった手間の削減が可能です。
  • DGPSデータでも、固定局を設置した場合と同等の精度が1台で測位できます。通信にも専用の機材が必要なく、携帯電話で簡単に補正情報が受信可能です。
  • 仮想点データによる後処理キネマティックや短縮スタティックでは、従来の観測に必要であった既知点の為の機材と労力が削減でき、新点のみの観測で結果が得られます。また、使用する受信機は1周波受信機でも可能となります。

このページの先頭へ

Q2.JENOBA方式とPAS方式の違いは何ですか?

A2. 基本となる補正情報は同じですが、地殻変動補正の仕組みなどが異なります。
また、PAS方式は代理店販売のサービスになります。

このページの先頭へ

Q3.仮想点方式と面補正方式の精度を教えて下さい。

A3. 仮想点方式と面補正方式では精度は基本的に同等です。
仮想点RTKデータ並びに面補正RTKデータではジェノバがお勧めする受信機を使用することで、 標準偏差水平1cm、垂直2cmレベルの精度が検証されております。
DGPSでは25cm程度の精度が得られます。いずれも使用する受信機並びに観測環境に依存致します。

このページの先頭へ

Q4.仮想点方式と面補正方式の違いを教えて下さい。

A4. いずれも複数の電子基準点(GNSS固定局)データを配信会社が集め、解析を行い、配信するという点では同じです。違いとしては配信するデータが異なります。
仮想点方式では「仮想点」という概念から、計算センターで線形補間計算を行い、 仮想観測量を算出し、仮想点位置における補正値や位相データを配信します。
一方面補正方式では解析に使用した電子基準点位置の面補正パラメータを算出し配信することで、 移動局側で線形補間計算を行うこととなります。

このページの先頭へ

Q5.ネットワーク型RTKデータ(仮想点方式と面補正方式)と電子基準点RTKデータの違いは?

A5. ネットワーク型RTKデータ(仮想点方式と面補正方式)は、複数の電子基準点データを用いて補正データ又は面補正パラメータを生成してリアルタイム配信を行っています。
電子基準点RTKデータは、お客様指定の電子基準点1点を固定局としたリアルタイム配信を行っています。
共に公共測量でご利用いただけます。(併用は不可)

このページの先頭へ

Q6.補正情報と観測データの生成はどのような仕組みで計算しますか?

A6. 全国約1200ヵ所に設置された電子基準点の観測データを、配信センターにて収集し常時解析(約640点)を行なっています。これにより全域の補正量の推定が可能となり、お客様への高精度測位用リアルタイム補正データと後処理データを計算しております。

このページの先頭へ

Q7.24時間ネットワーク型GNSSサービスのデータを利用することは可能ですか?

A7. ジェノバのシステムは、メンテナンス時を除き24時間稼動しておりますので利用可能です。

このページの先頭へ

Q8.利用可能な通信装置は何ですか?

A8. 現在ジェノバで販売しているCPTransや通信カード、モバイルルータ、一部携帯電話のご利用が可能です。(GNSS機種により異なります。)

このページの先頭へ

Q9.通信圏外等の理由でリアルタイムデータを受信できない地域ではネットワーク型GNSSサービスを利用する方法はありますか?

A9. 仮想点データや電子基準点データを使用した後処理キネマティックや短縮スタティック測量等で利用可能です。

このページの先頭へ

Q10.サービスエリアを教えて下さい。

A10. ネットワーク型RTKは一部離島を除き日本国内全域でご利用いただけます。

ただし、通信機器の通信エリア内が前提となります。詳しくはカタログ等のサービスエリアマップを参照下さい。

このページの先頭へ

Q11.沿岸での使用は可能ですか?

A11. 可能です。JENOBA方式では電子基準点ネットワーク網の外10kmまで利用可能です。 詳しくはカタログ等のサービスエリアマップを参照下さい。

このページの先頭へ

Q12.離島でネットワーク型GNSSは利用可能ですか?

A12. 配信エリア(配信エリアマップ参照)内の離島については利用可能です。
その他の離島について、JENOBA方式では電子基準点RTKサービスをご利用いただく事が可能です。

このページの先頭へ